爪水虫の薬

爪白癬(爪水虫)市販薬ガイド

爪水虫の薬 - - 爪白癬(爪水虫)市販薬ガイド

病院でもらえる爪水虫の治療薬には、ラミシールやイトリゾールなどのお薬があります。

ところがいずれのお薬にもいくつかの制約があって、例えばラミシールは毎日一錠、半年間飲み続けることが基本の使用法となりますが、副作用が強く出る傾向にあるお薬ですので、定期的な血液検査と並行して使われます。

副作用が強い場合はもちろんですが、肝臓に障害があったり血液に異常があったりする方は使用できません。

イトリゾールではパルス療法と言って、一週間お薬を飲み、三週間休む、というのを三か月間繰り返すという方法が使われます。

パルス療法を採用することで副作用を少なくしつつ水虫菌を死滅させることができ、大変効果的な治療だと言われています。

ところがイトリゾールは併用禁忌のお薬が非常に多く、誰でも使えるという訳ではありません。爪水虫で診察を受けるときは、自分が使っているお薬をしっかり医師に伝えることが大事です。

普通の水虫の薬を爪に塗ったんじゃダメなのかと思われる方もいると思いますが、爪の角質は厚く、その下に菌が入り込んでいるので、全く無駄ではないにしても効果は期待できません。

爪水虫を完治させたければ、爪の下層にまでしっかり届く治療法が有効なのです。

menu
column
  •  
HOMEへ戻る