爪水虫の症状

爪白癬(爪水虫)市販薬ガイド

爪水虫の症状 - - 爪白癬(爪水虫)市販薬ガイド

爪水虫自体は爪に水虫菌(白癬菌)が感染して病変を起こすので、痛くも痒くもありません。

しかし白癬菌が棲み付いて繁殖した爪は白く、もしくは黄色っぽく濁り、次第にポロポロと崩れるようになったり、いびつな厚い形になってしまったりして大変不格好です。

爪自体は痛くありませんが、足の爪水虫の場合、変形した爪が靴のつま先に当たってしまったりして痛むことはあります。

また、崩れやすくなった爪の組織は白癬菌が棲み付いた爪のかけらですから、お布団の中や家のカーペットなどに落とすと白癬菌をばら撒くことになり、こまめに掃除しなければ家族にもうつしてしまう可能性があるという問題があります。

爪水虫はこのように、見た目以外ではそれ自体が苦痛だということはあまりありません。

しかし放っておいても治るものではなく、むしろ必ずと言って良いほど悪化するものですので、早めに治療をするに越したことはありません。

menu
column
  •  
HOMEへ戻る