爪水虫の原因

爪白癬(爪水虫)市販薬ガイド

爪水虫の原因 - - 爪白癬(爪水虫)市販薬ガイド

爪水虫の原因は水虫の原因菌である白癬菌が爪に感染し中で繁殖することです。

ではどうして爪の中に白癬菌は入り込み、繁殖するのか。

それは、皮膚についていた水虫菌が爪の細かな傷や爪と皮膚の間などから侵入して入り込むことが原因となります。

通常、水虫菌は皮膚に付着しても洗い流しよく乾かせば落ちますし繁殖もしません。

水虫菌はカビの一種ですから、適度な湿気がなければ繁殖はしないのです。

普通の水虫と同じように、蒸れやすい革靴を履いて長時間過ごすことが多いというような方は水虫菌を繁殖させやすく、当然爪にも菌が潜り込む機会が多くなります。

つまり、爪水虫も普通の水虫も原因は同じ。

原因は蒸れやすく、カビの一種である水虫菌が定着し繁殖しやすい環境を作っていることと言えるでしょう。

menu
column
  •  
HOMEへ戻る